リサイクル部品とは

リサイクル部品で地球にやさしくエコライフ

リサイクル部品とは

日本では、毎年500万台の車が廃車となっています。これが、もしそのまま 廃棄物になると、換算して500万トンもの廃棄物となります。 全国で毎年 排出される廃棄物(約7,000万トン)の7%強にもなり、今以上に大きな 社会問題となります。 そこで、この膨大な廃車を廃棄物ではなく、 再生資源として生かしていこうというのが、わたしたちの主張です。 「廃車を生かして使う」最も身近な方法は、使える部品は「リサイクルパーツとして再使用する」ということです。 どうしても「再使用」できないものは、 「素材・原料」として再活用することになります。 新たなエネルギーを使わずに リサイクルする、それが「リサイクルパーツ」とその活用の真の意味するところです。

各地域から使用済み車が入庫されます。多くの車からタイヤ・バッテリー・廃油や廃液が抜き取られ、適性処理が行なわれていきます。
再利用できるパーツを熟練したエンジニアが適確に良否を判断します。
環境に影響を与えないように回収したフロン類は破壊処理を施します。
エアバッグなどは取り外した後に動作させて安全な状態にし、動作後は有用資源(アルミなど)としてリサイクルされます。
パーツとして再利用するのでひとつずつ丁寧に外していきます。
エンジンなどの主要機能部品は、車上テストの他、必要に応じテスター機器などにより点検します。
入念な検査の結果、安全性、品質が確認できたら丁寧にラッピングされ安全に保管されます。
出荷の際には、パーツの状態、車種を改めてチェック。そして確実に梱包の上、即日発送します。
豊富な在庫でいつでも対応
リサイクル部品とは

いつ必要になるかわからない補修部品。 国産車、輸入車を問わず、市場に多く販売されている車種の大半を網羅しています。 豊富な在庫の中からご提供できる体制になっています。

リサイクルパーツにはリユースパーツとリビルドパーツがあります
リサイクル部品は「グリーン購入法」の指定商品です

平成24年度環境省請負事業<自動車リサイクル連携高度化事業>報告書

平成24年度環境省請負事業<自動車リサイクル連携高度化事業>報告書

平成24年度環境省請負事業<自動車リサイクル連携高度化事業>報告書はこちらよりダウンロードしてご覧ください。


平成24年度環境省請負事業<自動車リサイクル連携高度化事業>報告書ダウンロード

リサイクル部品利用マニュアル

リサイクル部品利用マニュアル

リユース部品供給団体として業界を知ってもらい、理解していただく為にリユース部品(リビルト部品)の出来るまで、品質・保証基準、商流、効果的な活用、利用事例等ならびに整備事業者からのヒアリングに基づき要望等も盛り込んでマニュアルを作成いたしました。
こちらよりダウンロードしてご覧ください。


リサイクル部品利用マニュアルダウンロード